ハーマンTeddyBear/Rosenquarzパワーストーン付き




●スケール:1:18 ダイキャストモデル

●メーカー:Norev ノレヴ

●車名シトロエン「DS」は、フランス本国では “スィトホエン「デ・エス」” と発音される。語源は「開発コードの省略形」とも「Désirée Spéciale(デズィへ スペシアレ)」(特別な憧れ)の略とも言われるが詳細は不明である。同じ発音の「女神」という意味のフランス語「déesse(デエス)」を意味しているという説も根強い。シトロエンDSの最大の特徴は、油圧動力による一種のエア・サスペンション機構を中心とした「ハイドロニューマチック・システム」Hydropneumatic System の採用である。ボディは全長4.81m、全幅1.8m、全高1.47mという、1950年代中期のヨーロッパ車としては異例の大型である。そのエンジンは初期形で1.9L、最終形でも2.3Lに過ぎないが、車重は1.2t〜1.3tと軽量なため、動力性能に大きな不足はない。随所に意表を突くメカニズムが搭載され、設計者が貫く航空機の設計思想が随所に見られ、車体重心は前に、空力重心は後部に、という弓矢のような重量配分も後述のサスペンション構成とともに直進安定性に寄与している。

DSはごく一般的な量産車として企画開発され、本国フランスではタクシーや救急車などの特装車にも酷使されるような車種であり、トヨタにおけるセンチュリー、2000GTといった特化型の少量生産車ではなく、量産型高級車として遙かに多数が量産されたクラウンと同じものと言える。そのような車種に、ジェット旅客機やロケットエンジンの油圧系統並みの精度を要求される技術が導入されている例は、現在もシトロエン社以外にない。

【送料無料/即納】 DS ベージュCitroën パラス DS19 シトロエン 1956年モデル 1955年10月パリオートサロン 1/18 ノレヴ Norev 19 1:18 Norev Mai mitte ab lieferbar 1955 Octobre Paris de Salon - Aubergine & Champagne - 1956-ミニカー・トイカー

Tweet(ツイート)    

詳しくはコチラ

【送料無料/即納】 DS ベージュCitroën パラス DS19 シトロエン 1956年モデル 1955年10月パリオートサロン 1/18 ノレヴ Norev 19 1:18 Norev Mai mitte ab lieferbar 1955 Octobre Paris de Salon - Aubergine & Champagne - 1956-ミニカー・トイカー

moraに戻る
▲ページの先頭へ戻る